リハビリ

胸郭出口症候群の徒手検査法

Louis胸郭出口症候群の徒手検査法って忘れがちではないですか?   胸郭出口症候群とは、腕神経叢、鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が圧迫や牽引されることで起きる症状の総称です。 胸郭出口症候群には、症状を誘発 ...

シンスプリントの発症メカニズムと着目したい筋肉

Louisシンスプリントに対するリハビリをイメージできていますか? シンスプリントは、「硬い路面でのランニングや底屈筋の過負荷によって誘発される下腿の違和感や疼痛」と定義されています1)。 いわゆる症 ...

【話題の新刊】『脳卒中片麻痺の基本動作分析 バイオメカニクスから考える動作パターン分類と治療法の選択』を読むべき理由

Louis動作分析の苦手意識、克服したくないですか? 動作分析は理学療法士の専売特許!! ではありますが、、、 正直、苦手意識はありませんか? 私もまだまだそのうちの一人・・・   動作分析が苦手なセ ...

椎間板の解剖学と成分

Louis椎間板の構造を理解していますか? 運動器疾患の中でも、椎間板ヘルニアや椎間板性腰痛の症例は少なくありません。 これらの疾患に対するリハビリテーションの前に、そもそも椎間板の構造をしっかり理解 ...

腰椎椎間板ヘルニアの病態と分類と吸収までの期間

Louis椎間板ヘルニアがどんな病態かきちんと理解できていますか? 腰椎椎間板ヘルニアがあり、腰痛や下肢痛、痺れ、感覚障害など様々な症状を抱えているケースは非常に多いです。 ですが、 MRI上に写るヘ ...

保護中: シンスプリントの重症度分類〜重症度から復帰時期を予測する〜

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

臨床で使える中殿筋の実践的トレーニング方法

Louis中殿筋トレーニングの引き出しを増やしたくありませんか?   中殿筋は、一言でいうと歩いたり体重を支えたりするのにとても重要な役割を担う筋肉です。 中殿筋の筋力が低下すると、トレンデレンブルグ ...

デュシェンヌ徴候の原因

Louisデュシェンヌ徴候の原因いくつあげられますか?   破行の一つとして有名なデュシェンヌ徴候ですが、臨床で遭遇した時にいくつの可能性を挙げられますか?   そもそもデュシェンヌ兆候とは、単脚支持 ...

仙腸関節の機能解剖学と2つの役割

Louis仙腸関節で大事な靭帯と役割を整理しませんか? 仙腸関節について学ぶことは、非特異的腰痛をみるうえでとても大切であることは過去の記事で散々紹介してきました。 仙腸関節障害による痛みはどう評価す ...

【話題の書籍】『軟部組織損傷・障害の病態とリハビリテーション 組織特性に基づくアプローチ法の構築』を読むべき理由

Louisつい先日、メジカルビュー社から出版された新刊をご存じですか? 軟部組織とは、生体における骨以外(または心臓含む)の支持組織の総称とされています。 筋肉、靱帯、関節包、筋膜、腱、半月板... ...

© 2021 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5