リハビリ

仙腸関節の理学療法まとめ②〜仙腸関節の運動学と筋肉および靭帯による制御〜

仙腸関節の運動学 かつて「不動の関節」とも呼ばれた仙腸関節ですが、今では「動く」のがあたり前の解釈となっています。 仙腸関節の運動範囲は、2°~4°未満の回転運動と1~2mmの並進運動¹⁾であり、非常 ...

仙腸関節の理学療法まとめ①〜仙腸関節の機能解剖学と2つの役割〜

仙腸関節に付着する靱帯の機能解剖学 仙腸関節の安定性に関わる靱帯の付着部位と役割についてご紹介します。 仙腸関節の安定性に関わる靱帯1)より画像引用 腸腰靱帯腸腰靱帯の機能解剖学については、下記の無料 ...

姿勢評価の基礎まとめ②〜姿勢分類のセルフチェック方法と姿勢評価のポイント〜

姿勢分類のセルフチェック方法 素足で壁から5cmほど離してまっすぐ立ち、壁に頭部、背部、臀部をしっかりとくっつけて、壁と腰のすき間に手のひらをいれます。 手の平一枚分がぴったり入るのが理想的な骨盤の傾 ...

歩行分析で「全体像」をみるコツー臨床実践のための3ポイントー

Louis「歩行の何からみたらいいのかわからない」といった悩みを抱えてはいませんか? 以前、forPTが行った現役理学療法士の方を対象としたアンケート調査において、「まずは歩行の全体像をみる」セラピス ...

胸郭出口症候群の徒手検査法

Louis胸郭出口症候群の徒手検査法って忘れがちではないですか?   胸郭出口症候群とは、腕神経叢、鎖骨下動脈、鎖骨下静脈が圧迫や牽引されることで起きる症状の総称です。 胸郭出口症候群には、症状を誘発 ...

シンスプリントの発症メカニズムと着目したい筋肉

Louisシンスプリントに対するリハビリをイメージできていますか? シンスプリントは、「硬い路面でのランニングや底屈筋の過負荷によって誘発される下腿の違和感や疼痛」と定義されています1)。 いわゆる症 ...

【話題の新刊】『脳卒中片麻痺の基本動作分析 バイオメカニクスから考える動作パターン分類と治療法の選択』を読むべき理由

Louis動作分析の苦手意識、克服したくないですか? 動作分析は理学療法士の専売特許!! ではありますが、、、 正直、苦手意識はありませんか? 私もまだまだそのうちの一人・・・   動作分析が苦手なセ ...

椎間板の解剖学と成分

Louis椎間板の構造を理解していますか? 運動器疾患の中でも、椎間板ヘルニアや椎間板性腰痛の症例は少なくありません。 これらの疾患に対するリハビリテーションの前に、そもそも椎間板の構造をしっかり理解 ...

腰椎椎間板ヘルニアの病態と分類と吸収までの期間

Louis椎間板ヘルニアがどんな病態かきちんと理解できていますか? 腰椎椎間板ヘルニアがあり、腰痛や下肢痛、痺れ、感覚障害など様々な症状を抱えているケースは非常に多いです。 ですが、 MRI上に写るヘ ...

保護中: シンスプリントの重症度分類〜重症度から復帰時期を予測する〜

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

© 2022 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5