足部

足関節の理学療法まとめ④〜FPIー6による回内足/回外足の判断〜

FPIー6は足部が回内足なのか、回外足なのかを点数化し判断する指標です。6つの検査項目があります。再現性が高く、歩行中のアライメントを中等度反映できるとされています。以下、FPI-6の評価項目になりま ...

足部が正しく機能するとは?ーウィンドラス機構とトラス機構ー

Louis足部機能が正しく機能するとはどういった状態でしょうか? 足部へのアプローチをするうえで、まずは『足部が正しく機能している状態』をしっかりと把握しておくことは大切です。 今回は、足部機能の基礎 ...

有痛性外脛骨障害とはー分類と特徴と理学療法ー

Louis有痛性外脛骨障害をご存知でしょうか?   有痛性外脛骨障害とは、足部の舟状骨粗面に過剰な骨(外脛骨)があり、その骨部分に疼痛を生じているものをいいます。   こちらの画像をご覧ください。 有 ...

足底腱膜炎の理学療法①~チエックすべき4つの疼痛部位とは~

足底腱膜炎にとりあえず下腿三頭筋のストレッチをしていませんか? 足底腱膜炎には、4つの疼痛部位がありそれぞれ発生のメカニズムが異なります。 そのため、アプローチ方法も変わってきます。   で ...

© 2022 理学療法士による臨床のためのブログ Powered by AFFINGER5