運動負荷量

炎症の基礎と最新の概念で考える適切な運動負荷量

Louisリハビリで疼痛を強めてしまった経験はありませんか? 徒手療法や運動療法によるアプローチの前に炎症所見がないかや、その程度をしっかり評価しておくことはリスク管理の面からもとても大切です。 例え ...

© 2021 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5