動作分析

立位前屈運動の知識と動作分析まとめ③〜動作分析の3ポイント、実践動画解説〜

立位前屈運動の動作分析の3ポイント 鈴木ら¹⁾は、適切な前屈運動に必要な因子として、以下の3点をあげています。 【適切な前屈運動に必要な因子】¹⁾①運動初期に起こる頭部前屈と胸椎屈曲②(頸椎・胸椎の動 ...

立位前屈運動の知識と動作分析まとめ①〜腰椎の可動域、腰椎骨盤リズム〜

立位前屈運動を評価する意義 立位前屈運動評価は、臨床において実施頻度の多い評価方法の一つになります。 主な目的としては、下肢後面(ハムストリングスなど)の柔軟性評価、脊柱の可動性評価¹⁾、腰背部痛の疼 ...

現役理学療法士に聞いた!「はじめての患者様の歩行観察で意識してみているポイントはありますか?」

Louisはじめての患者様の歩行観察で意識して見ているポイントはありますか? 今回は、先日のinstagramストーリーズの質問からいただいたご回答をブログ記事にまとめてみました。 歩行の何から見たら ...

【話題の新刊】『脳卒中片麻痺の基本動作分析 バイオメカニクスから考える動作パターン分類と治療法の選択』を読むべき理由

Louis動作分析の苦手意識、克服したくないですか? 動作分析は理学療法士の専売特許!! ではありますが、、、 正直、苦手意識はありませんか? 私もまだまだそのうちの一人・・・   動作分析が苦手なセ ...

トレンデレンブルグ兆候の原因

Louisトレンデレンブルグ兆候の中殿筋以外の原因を知っていますか? トレンデレンブルグ徴候   トレンデレンブルグ兆候とは、観察側の下肢立脚相において、対側の骨盤が下制する現象を呼びます。立脚期にト ...

歩行分析は何をどうみたらいい?〜正常と異常と全体像のチェックポイント〜

  歩行分析に自信はありますか?     動作・歩行分析は理学療法士の専売特許ともいえますが、自信を持って行えているでしょうか。     学校では正直 ...

運動連鎖の基礎まとめ~下行性・上行性・多関節性~

運動連鎖をここで一回整理しませんか? 運動連鎖と聞くと、苦手意識やなんとなく難しいイメージを持つセラピストは多いのではないでしょうか。 一度覚えたつもりで時間がたつと、「あれ?運動連鎖ってどうだったっ ...

© 2023 理学療法士による臨床のためのブログ Powered by AFFINGER5