理学療法

前屈の運動学

前屈にはカラダの情報がたくさん詰まっています。

 

臨床では、どういった場面で前屈を評価するでしょうか?

 

わかりやすいところで言うと、腰痛が挙げられると思います。

 

『中腰で作業してたら腰が痛くなっちゃって』

『物を拾う時に腰が痛いんです』

『ぎっくり腰になっちゃって腰を曲げられないんです』

 

こういった訴えがある方には、前屈の評価をしませんか?
(もししていなかったらぜひしてみましょう!)

 

 

今回は、腰痛評価をするうえで大切な、

前屈動作はそもそもどんな運動なのか

を整理したいと思います。

 

このメカニズムを知ることで、単に「前屈で痛いなら原因はこれかな?」と予測できるだけではなく、

 

『前屈のはじめが痛いです』

『前屈の途中が痛いんです』

『前屈の最後だけ痛いんです』

『前屈からの戻りが痛いんです』

 

これらのタイミングの違いに対して、どこの組織の問題かを推論できるようになります。

 

それでは、さっそく、、、

相に分けて前屈運動について説明していきます。

 

前屈の運動学

・前屈初期~前屈最終域
・前屈最終域
・前屈最終域~直立位

 

前屈初期~前屈最終域

 前屈開始直後は、骨盤帯後方へシフトします。この時、仙骨ニューテーションの位置にあります。

そこから、左右の寛骨が大腿骨上で前傾(矢状面)し、腰椎が仙骨上で屈曲するにつれて、上後腸骨棘頭側(上方)へ動いていきます。

体幹の屈曲につれて、仙結節靭帯大腿二頭筋胸腰筋膜の緊張が高まり、仙骨ニューテーションが終了します。ニューテーション終了後も、寛骨前傾を続けるため、相対的にカウンターニューテーションが起こってきます。

 


前屈最終域

 体幹の最終屈曲位では、仙結節靭帯大腿二頭筋胸腰筋膜の緊張が高まり、特にハムストリングスの緊張が増大するため、仙骨カウンターニューテーションの位置にあると考えられています。

 


前屈最終域~直立位

前屈最終域から直立位に戻るまでの過程では、仙骨ニューテーションの位置を保ったまま、体幹伸展、左右の寛骨後傾していきます。

いかがでしょうか?

 

今回の知識に加えて、仙腸関節の運動学とそれを制御する靭帯・筋肉を知っておくことで、臨床場面で多くの腰痛に対応できるようになります。

仙腸関節の運動学や制御する組織に関しては、他の記事も参考にしてみてください。

 

 

情報は随時更新していきます。

 

参考・引用文献
1)John Gibbons:骨盤と仙腸関節の機能解剖 骨盤帯を整えるリアラインアプローチ,株式会社医道の日本社,2019.
2)A.I.KAPANDJI:カパンジー機能解剖学Ⅲ 原著第7版,医歯薬出版株式会社,2019.

 

forPTの限定note大好評販売中!
毎月新作noteをお届けする読み放題プラン(定期購読)がオススメです。

 

ブログ記事の先行公開(パスワードあり)はこちら⏬⏬

 

 

 

 

歩行分析サロンへの入会はこちら⏬⏬
症例の歩行動画を通して動作分析スキルを極めたい方にオススメです。

 

 

-理学療法
-, , , , , , , , ,

© 2021 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5