理学療法

肩関節は5つ存在する

肩関節には、5種類あります。

『肩関節』と聞いて、一般に想像するのが肩甲上腕関節ですが、あくまで5つあるうちの1つに過ぎません。

理学療法士であればそんなこと当然知っている、、、
とおっしゃる方もいるかもしれませんが、ぱっとすぐに5つ想像できますか?

今回は5つの肩関節を整理していきます。

まず、肩関節3つ解剖学的関節2つ機能的関節から成り立っています。

  • 解剖学的関節
    • 肩甲上腕関節(狭義の肩関節)
    • 胸鎖関節
    • 肩鎖関節
  • 機能学的関節
    • 肩甲胸郭関節
    • 第二肩関節

解剖学的関節

肩甲上腕関節
肩甲骨の関節窩と上腕骨頭で構成される多軸性の球関節です。

f:id:slidestretch:20190621170903p:plain

胸鎖関節
鎖骨胸骨端と胸骨柄とにより構成される関節です。

f:id:slidestretch:20190621170926p:plain

肩鎖関節
鎖骨肩峰端と肩峰とで構成された関節です。

f:id:slidestretch:20190621170943p:plain

機能学的関節

肩甲胸郭関節
肩甲骨と肋骨面によって構成される関節です。

f:id:slidestretch:20190621171000p:plain

第二肩関節
肩峰、烏口肩峰靱帯、肩甲上腕関節で成す構成体を大きく関節窩とみなした関節です。

f:id:slidestretch:20190621171017p:plain

いかがでしたか?

肩関節運動は、これらの関節が協力し合って行われます。
そのため、障害肩の治療をする上では必須の知識だと思います。

機能学的関節には、この他にC-Cメカニズムと呼ばれる、鎖骨と肩甲骨間を制動するものも実は存在します。

これについては後日、ご紹介出来ればと思います。

forPTの限定note大好評販売中!
毎月新作noteをお届けする読み放題プラン(定期購読)がオススメです。

ブログ記事の先行公開(パスワードあり)はこちら⏬⏬

歩行分析サロンへの入会はこちら⏬⏬
症例の歩行動画を通して動作分析スキルを極めたい方にオススメです。

-理学療法

© 2021 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5