月額会員様用ページ

codocのご登録後から無料記事含め100記事以上がすべてお読みできるようになります。

ワードで検索

部位別記事一覧


テーマ別記事一覧


五十音順記事一覧

あ行

運動連鎖の基礎まとめ~下行性・上行性・多関節性~

運動連鎖をここで一回整理しませんか? 運動連鎖と聞くと、苦手意識やなんとなく難しいイメージを持つセラピストは多いのではないでしょうか。 一度覚えたつもりで時間がたつと、「あれ?運動連鎖ってどうだったっ ...

続きを見る

か行

肩関節の徒手検査法まとめ①〜感度・特異度、上腕二頭筋長頭腱・腱板の疼痛誘発テスト〜

目次感度・特異度とは上腕二頭筋長頭腱の疼痛誘発テスト Speed test(スピードテスト) Yergason test(ヤーガソンテスト)棘上筋の疼痛誘発テスト drop arm test(ドロップ ...

続きを見る

頸部痛の理学療法まとめ①〜頸部の解剖学、リスク管理(red flags)〜

目次頸部の解剖学頸部の区分と筋肉後頸部の解剖頸部のリスク管理急性頚部痛のred flags触診時に注意したい頸部の領域 頸部の解剖学 頸部の区分と筋肉 頸部は、前頸部、胸鎖乳突筋部、外側頸三角部(後頸 ...

続きを見る

股関節の理学療法まとめ①〜股関節周囲の疼痛原因一覧、大腿骨寛骨臼インピンジメント症候群(FAI)、グローインペイン症候群(鼠径部痛)〜

目次股関節周囲の疼痛原因一覧大腿骨寛骨臼インピンジメント症候群グローインペイン症候群(鼠径部痛) 股関節周囲の疼痛原因一覧 股関節周囲で疼痛を引き起こす原因¹⁾には以下が挙げられています。 【股関節前 ...

続きを見る

もっとみる
股関節の理学療法まとめ②〜骨頭求心位の重要性、臼蓋形成不全と股関節痛、骨盤傾斜と股関節の接地面積〜

目次股関節骨頭求心位の重要性臼蓋形成不全と股関節痛骨盤傾斜と股関節の接地面積 股関節骨頭求心位の重要性 股関節では、寛骨臼に対して大腿骨頭が求心位を保った状態で活動・機能することが重要です。 臼蓋形成 ...

続きを見る

股関節の理学療法まとめ③〜レントゲン画像〜

目次股関節のレントゲン画像CE角Sharp角shenton線クロスオーバーサイン 股関節のレントゲン画像 股関節のレントゲン画像では、CE角、Sharp角、shenton線、クロスオーバーサインといっ ...

続きを見る

股関節の理学療法まとめ④〜股関節を制動する靭帯と付着する筋肉〜

目次股関節を制動する靭帯と伸長肢位股関節を制動する靭帯に付着する筋肉 股関節を制動する靭帯と伸長肢位 股関節の関節包を補強する靭帯には、腸骨大腿靱帯、恥骨大腿靱帯、坐骨大腿靱帯があります(図1)。 図 ...

続きを見る

股関節の理学療法まとめ⑤〜股関節運動のend feelと緊張する組織、ポジションの違いで作用が変化する筋肉〜

目次股関節運動のend feelと緊張する組織股関節のポジションの違いで作用が変化する筋肉股関節における靭帯の伸長と不安定性の関連 股関節運動のend feelと緊張する組織 他動的な股関節運動のen ...

続きを見る

さ行

姿勢評価の基礎まとめ①〜理想的な立位姿勢と姿勢分類と特徴〜

目次理想的な立位姿勢矢状面における立位姿勢の分類と特徴不良立位姿勢における短縮(過緊張)しやすい筋肉と延長(弱化)しやすい筋肉 理想的な立位姿勢 理想的な立位姿勢とは、身体動揺が少ない、姿勢を乱すよう ...

続きを見る

仙腸関節の理学療法まとめ①〜仙腸関節の機能解剖学と2つの役割〜

目次仙腸関節に付着する靱帯の機能解剖学仙腸関節の2つの役割 仙腸関節に付着する靱帯の機能解剖学 仙腸関節の安定性に関わる靱帯の付着部位と役割についてご紹介します。 仙腸関節の安定性に関わる靱帯1)より ...

続きを見る

もっとみる
仙腸関節の理学療法まとめ②〜仙腸関節の運動学と筋肉および靭帯による制御〜

目次仙腸関節の運動学仙腸関節の運動を制御する筋肉および靱帯仙腸関節の安定性に寄与する靱帯及び筋筋膜 仙腸関節の運動学 かつて「不動の関節」とも呼ばれた仙腸関節ですが、今では「動く」のがあたり前の解釈と ...

続きを見る

仙腸関節の理学療法まとめ③〜前屈・後屈動作における仙腸関節の運動学〜

目次前屈動作における仙腸関節の運動学¹⁾後屈動作における仙腸関節の運動学¹⁾ 前屈動作における仙腸関節の運動学¹⁾ 【前屈初期~前屈最終域】前屈開始直後は、骨盤帯が後方へシフトします。この時、仙骨はニ ...

続きを見る

仙腸関節の理学療法まとめ④〜仙腸関節障害の理学療法評価〜

目次仙腸関節障害の理学療法評価問診による疼痛部位の聴取one finger test仙腸関節のストレステスト仙腸関節障害の疼痛減弱テスト(重要!) 仙腸関節障害の理学療法評価 問診による疼痛部位の聴取 ...

続きを見る

仙腸関節の理学療法まとめ⑤〜仙腸関節障害の理学療法評価Ⅱ〜

目次仙腸関節障害の理学療法評価Ⅱ股関節伸展運動を用いた仙腸関節の安定性機能評価aSLRを用いた体幹筋機能評価【チャート式】仙腸関節痛の理学療法評価の実際 仙腸関節障害の理学療法評価Ⅱ 股関節伸展運動を ...

続きを見る

足関節の理学療法まとめ①〜足部の機能解剖学とアーチ構造〜

目次足部の機能解剖学足部の骨と部位足部の機能的ユニット足部の関節足部のアーチ構造ウィンドラス機構とトラス機構 足部の機能解剖学 足部の骨と部位 足部は、7つの足根骨(踵骨、距骨、楔状骨、立方骨、舟状骨 ...

続きを見る

もっとみる
足関節の理学療法まとめ②〜足部の運動学、運動連鎖、歩行における距骨下関節運動〜

目次足部の運動学距腿関節の運動距骨下関節の運動距骨下関節運動に伴う上行性運動連鎖歩行における距骨下関節の回内・回外運動 足部の運動学 足関節の運動には、底屈、背屈、内転、外転、回内、回外があります。ま ...

続きを見る

足関節の理学療法まとめ③〜leg heel angle、後足部角、feiss line、後足部のアライメントタイプ〜

目次足部の評価指標leg heel angle(下腿踵骨角)後足部角feiss line(フェイスライン)の評価後足部のアライメントタイプ 足部の評価指標 leg heel angle(下腿踵骨角) ...

続きを見る

足関節の理学療法まとめ④〜FPIー6による回内足/回外足の判断〜

FPIー6は足部が回内足なのか、回外足なのかを点数化し判断する指標です。6つの検査項目があります。再現性が高く、歩行中のアライメントを中等度反映できるとされています。以下、FPI-6の評価項目になりま ...

続きを見る

足関節の理学療法まとめ⑤〜足部の骨触診〜

目次足部の骨触診距骨の触診載距突起の触診舟状骨の触診第1中足骨底および内側楔状骨の触診立方骨の触診 足部の骨触診 距骨の触診 距骨は、足関節前面で、脛骨の真下(足関節くぼみの下)や脛骨内果の前方部で触 ...

続きを見る

足関節の理学療法まとめ⑥〜足関節周囲の疼痛に対するテーピングとPAD〜

目次足関節周囲の疼痛に対するテーピングとインソールPAD内側楔状骨挙上テーピング距骨下関節回外誘導テーピング①距骨下関節回外誘導テーピング②距骨下関節回外(踵骨内旋)誘導テーピング③距骨下関節回内誘導 ...

続きを見る

は行

非特異的腰痛の理学療法まとめ①〜非特異的腰痛の4分類、病態、臨床所見〜

目次非特異的腰痛の4分類非特異的腰痛の病態と臨床所見 非特異的腰痛の4分類 腰痛の原因や種類は、非常に多くのバリエーションが存在します。 腰痛診療ガイドライン改訂第2版では、腰痛を原因別に脊椎由来、神 ...

続きを見る

歩行分析の基礎まとめ①〜歩行周期、各相の役割、正常歩行の各関節角度〜

目次歩行周期とは歩行周期における各相の定義と役割正常歩行における各相の関節角度 歩行周期とは 歩行周期は、同側の足の初期接地から次の初期接地まで¹⁾と定義されます。 歩行周期において、立脚期は60%、 ...

続きを見る

もっとみる
歩行分析の基礎まとめ②〜ロッカー機能、下肢モーメント(筋活動)、異常パターン〜

目次正常歩行にみる3つのロッカー機能heel rockerankle rockerforefoot rocker歩行周期における股関節のモーメントと筋活動歩行周期における膝関節のモーメントと筋活動歩行 ...

続きを見る

歩行分析の基礎まとめ③〜分析のしかた、全体像のチェックポイント〜

目次目的に応じた歩行分析のしかた歩行の全体像をみるときのチェックポイント 目的に応じた歩行分析のしかた 歩行分析をする目的には大きく2つあげられます。 目的に応じて、最初にみるべきポイントは変わってき ...

続きを見る

歩行分析の基礎まとめ④〜トレンデレンブルグ徴候とデュシェンヌ徴候の原因〜

目次トレンデレンブルグ徴候の原因デュシェンヌ徴候の原因デュシェンヌ徴候とトレンデレンブルグ徴候の特徴の違い トレンデレンブルグ徴候の原因 観察側の下肢立脚相において、対側の骨盤が下制する現象をトレンデ ...

続きを見る

歩行分析の実践コース①〜全体像の実践的なみかた〜

歩行の「全体像」の実践的なみかた 歩行の全体像をみるには、以下のようなチェックポイントを押さえておくと良いです。 歩行の全体像をみる際のチェックポイント1,2)を参考に作成 この中でも、より臨床に即し ...

続きを見る

歩行分析の実践コース②〜局所の実践的なみかた〜

歩行の「局所」の実践的なみかたー上半身質量中心と下半身質量中心と身体重心ー 上半身質量中心や下半身質量中心、さらにはその両者を結んだ中点にあたる身体重心を捉えることは、局所(関節)にかかるメカニカルス ...

続きを見る

歩行分析の実践コース③〜「蹴り出し脚」と「踏み出し脚」のみかたと捉え方〜

「蹴り出し脚」と「踏み出し脚」のみかたと捉え方 歩行において、下肢には蹴り出し脚と踏み出し脚という分け方があるのをご存知ですか。 そもそも人間の歩行は左右の動きが完全に対称となることはまずあり得ません ...

続きを見る

歩行分析の実践コース④〜膝関節lateral thrust(外側動揺)のみかた〜

膝関節のlateral thrust(外側動揺)のみかた 膝関節が内反して外側へ動揺する現象をlateral thrust(外側動揺)と呼びます。 変形性膝関節症(内反OA)の方によくみられる歩行の異 ...

続きを見る

や行

腰痛の基礎まとめ①〜特異的腰痛と非特異的腰痛、腰椎椎間板ヘルニアの診断基準〜

目次特異的腰痛と非特異的腰痛腰椎椎間板ヘルニアの診断基準 特異的腰痛と非特異的腰痛   腰痛は、医師の診察および画像の検査(X 線やMRI など)で腰痛の原因が特定できる特異的腰痛と、厳密な ...

続きを見る

ヨガポーズによる姿勢改善のエクササイズ

目次ヨガポーズのとり方と期待できる効果アーサナの基本となるターダーサナ(理想立位)ロードシスまたはカイホロードシスの改善を目的としたエクササイズフラットバックまたはスウェイバックの改善を目的としたエク ...

続きを見る

 

© 2022 理学療法士による臨床のためのブログ Powered by AFFINGER5