理学療法

仙腸関節障害による痛みはどう評価する?

非特異的腰痛原因のひとつに、仙腸関節障害が挙げられます。

実際の臨床では、仙腸関節に問題を抱える患者さんはかなり多いです。

今回は、

これは仙腸関節障害による痛みだ!

と判断するための評価方法についてご紹介します。

まず、仙腸関節障害を疑うのは、以下の部位に患者さんが痛みを訴えた時になります。

仙腸関節由来の疼痛100例
1)より画像引用

 

One finger testといって、患者さんに「一番痛いところを指さしてください」と伝えて、PSIS付近を指さした場合は、仙腸関節障害可能性特に高いです。

 

仙腸関節障害が疑われた場合には、次のような疼痛誘発テストを行います。

  • Gaensulen(ゲンスレン)テスト
  • Patrick(パトリック)テスト
  • Newton(ニュートン)テスト変法

これらのテストで疼痛が誘発される可能性は、Gaenslenテストで77%、Patrickテストで68%、Newton テスト変法で86%と報告されています1)

 

  • Gaensulen(ゲンスレン)テスト

患者さんは背臥位となり、健側下肢を抱え込み、検査者が患側の大腿部を押し込みます。仙腸関節痛の出現で陽性とします。股関節痛との鑑別をするために、患側骨盤を後傾方向へ固定下、非固定下で行います。

 

f:id:slidestretch:20190715180037p:plain

 

Gaensulen(ゲンスレン)テスト

 

  • Patrick(パトリック)テスト

患者さんは背臥位となり、検査者が患側下肢を組み、下方へ押すことで仙腸関節痛の有無を確認します。股関節痛との鑑別をするために、患側骨盤を固定下、非固定下で行います。(画像では健側固定となっている点に要注意!!)
 

f:id:slidestretch:20190715183152p:plain

 

Patrick(パトリック)テスト

 

  • Newton(ニュートン)テスト変法

患者さんは腹臥位となり、検査者が患側の仙腸関節部に圧迫を加え、疼痛の有無を確認します。

Newton(ニュートン)テスト変法

Newton(ニュートン)テスト変法



多くの著書や講習会では、GaenslenテストPatrickテスト併用推奨されています。

両テストを行う上で大事なことは、骨盤の固定と非固定での疼痛の有無をしっかり鑑別することです。

非固定下でのみ疼痛が出現する場合は、仙腸関節障害によって痛みが誘発されている可能性が非常に高いです。

 

ここまで評価したら、

これは仙腸関節障害による痛みだ! と判断することができます。

いかがでしょうか?

次の段階としては、痛みを拾っている組織は何か、なぜそこにストレスが加わっているのか、を評価していくことになります。

これについては、また次の機会にまとめたいと思います。

 

参考・引用
1)村上栄一. 仙腸関節由来の腰痛. 日本腰痛学会雑誌, 2007, 13.1: 40-47.
2)永井聡,他:股関節理学療法マネジメント 機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く.株式会社メジカルビュー社 第1版,2018.

 

forPTの限定note大好評販売中!
毎月新作noteをお届けする読み放題プラン(定期購読)がオススメです。

 

ブログ記事の先行公開(パスワードあり)はこちら⏬⏬

 

 

 

 

歩行分析サロンへの入会はこちら⏬⏬
症例の歩行動画を通して動作分析スキルを極めたい方にオススメです。

 

 

-理学療法

© 2021 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5