有料記事

姿勢評価の基礎まとめ②〜姿勢分類のセルフチェック方法と姿勢評価のポイント〜

姿勢分類のセルフチェック方法

姿勢セルフチェック1

素足で壁から5cmほど離してまっすぐ立ち、壁に頭部背部臀部をしっかりとくっつけて、壁と腰のすき間に手のひらをいれます。

手の平一枚分がぴったり入るのが理想的な骨盤の傾き¹⁾を表します。

すき間に余裕がある場合は、骨盤の前傾を表します。
さらに、頭部の前方変位および胸椎後弯を伴う場合はカイホロードシス、腰椎および骨盤の前傾のみであればロードシスと考えられます。
(セルフチェックの場合は鏡を使って確認しましょう)

すき間に余裕がなく手の平が途中で引っかかる場合は、骨盤の後傾を表します。
さらに、脊柱の弯曲が乏しければフラットバック、胸椎の後弯を伴う場合はスウェイバックと考えられます。

姿勢評価の手順とポイント

姿勢評価の手順は以下のように進めます。

-有料記事
-, , , , , ,

© 2021 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5