理学療法

梨状筋のストレッチ方法とは?

梨状筋は、坐骨神経痛非特異的腰痛治療ターゲットになることが非常に多いです。

解剖学的肢位における梨状筋の作用は、股関節の外旋、伸展、外転であり、外旋が最も強い作用です。

ですが、、、

股関節の屈曲角度増加に伴い、外旋→内旋に作用が変わるという大きな特徴があります1)

具体的には、

『股関節屈曲0°位では、外旋作用を有します

が、股関節が屈曲するのに伴い外旋モーメントアームは低下し、

『股関節屈曲60°位では、回旋作用が無くなります

そこからさらに屈曲角度が増加すると、内旋作用に転じ、

『股関節屈曲90°位では内旋作用を有しています

この特徴から、
梨状筋をストレッチするには、

  • 股関節屈曲0°位 では、

→股関節の内転、内旋方向に伸張

  • 股関節屈曲60°位 では、

→股関節の内転方向に伸張

  • 股関節屈曲90°位 では、

→股関節の内転、外旋方向に伸張

すればよいことになります。

では、、、

最も梨状筋をストレッチできるのはこの中でどの肢位か・・・?

ずばり!!!

股関節屈曲90°位で内転、外旋方向へ伸張

になります2)

この肢位から、さらに股関節屈曲、内転、外旋方向にストレッチしていくことで、より強い伸張が得られます3)

梨状筋をストレッチする際の工夫として、

膝関節屈曲位(大腿二頭筋を弛緩するため)とし、骨盤を前傾、後方回旋方向へ徒手で固定して行うと、より的確に伸張することが出来ます。

また、臨床では梨状筋にスパズムを起こしている症例が多いため、ストレッチだけでは無く、筋の反復収縮も行うのが効果的です。

いかがでしょうか?

梨状筋へのアプローチの手助けになれば幸いです。

情報は随時更新していきます。

参考・引用文献
1)市橋則明:身体運動学 関節の制御機能と筋機能.株式会社メディカルビュー社.2019.
2)VAARBAKKEN, Kjartan, et al. Lengths of the external hip rotators in mobilized cadavers indicate the quadriceps coxa as a primary abductor and extensor of the flexed hip. Clinical Biomechanics, 2014, 29.7: 794-802.
3)MCGOVERN, Ryan P.; KIVLAN, Benjamin R.; MARTIN, RobRoy L. Length change of the short external rotators of the hip in common stretch positions: a cadaveric study. International journal of sports physical therapy, 2017, 12.7: 1068.

forPTの限定note大好評販売中!
毎月新作noteをお届けする読み放題プラン(定期購読)がオススメです。

ブログ記事の先行公開(パスワードあり)はこちら⏬⏬

歩行分析サロンへの入会はこちら⏬⏬
症例の歩行動画を通して動作分析スキルを極めたい方にオススメです。

-理学療法

© 2021 理学療法士による理学療法士のためのブログ Powered by AFFINGER5